これまでのイベント

ロンドン個展

 
 

2015年9月21日~26日

Art Galleries Europe

 

ロンドンで一番賑やかなショッピング通りオックスフォードの一画にあるギャラリーで個展を開催。 
ギャラリーは奥に細長い空間で一階と地下を使ってディスプレイー、オープニングパーティも大勢の方達が来廊、作品についての会話が弾み賞賛と驚嘆の言葉を受けました。
場所柄もあり友が友を呼びで会期中も来廊者が途絶えることもなく過ぎていきました。
V&Aミュージアムのテクスタイル部門のスタッフも最終日に来廊、スペインのBilbao International Art & Fashionのスタッフも偶然ロンドン滞在中で訪れてくれました。
今後の展開が期待されます。

ジュネーブ(スイス)個展

 
 

2014年9月18日~21日

A L'ESPACE MURAILLE

 
200年の歴史ある石造りの豪邸の一階、地下スペースがギャラリーで其処での開催となりました。 スイス・日本国交樹立150周年の年に当たり其の登録ロゴマークを幸いなことに頂けました。 オープニングパーティには200名以上の方々に来てもらい華やぎました。

 
 

パリ個展

 
 

 2013年11月21~23日 

 Hotel de I'Industrie

 
 

 サンジェルマン教会が向かい側に見える落ち着いた場所での開催でした。
歴史のあるカフェとかお洒落なブティックが立ち並んでいる界隈での発表はファッション関係の方達も訪れてくれ多くの賛辞を受けました。

 

 
 

 2012年

 At the opening party, the chief editor of “VOGUE Knitting” asked me if she could interview me.  Usually there are different roles required in order to create a complete piece of work: A designer dictates the design; A knit designer transfers this design into a knitting pattern; A knitter knits according to the design and pattern given to them (these role have been simplified for understanding). The Chief Editor was quite amazed that I incorporate all these roles and steps to complete even just one piece of work.  Thus,  my process is very unique and consequently my work is very original.

ニューヨーク個展

 
 

 2012年9月20~26日 

 The Nippon Gallery at The Nippon Club

 

 長年の夢が叶いマンハッタンの真ん中、しかも向かい側にスカラ座があるという良い場所で個展を開催出来ました。
オープニングパーティでは100名以上の出席者の前で英語で挨拶も出来、様々な質問を受けながら作品についてのパフォーマンスを楽しみました。
最高な至福の時が流れていきました。
 
 
 

ミラノ個展

 
 

 2010年10月5~19日 

 ARTE GIAPPONE

 

 初めての海外での個展がミラノからです。
有名なブレラ美術学院がある静かな通りの一角に其のギャラリーはありました。
日本領事館の方もオープニングパーティに出席してもらい大勢の方達に作品を見てもらいました。
自分の作品を高く評価され幸せな気分を味わった最初の出発点です。

扇田 克也・マダムケイコ コラボ展

 
 

2012年3月7日~18日

Madam keiko オリジナルハンドニットギャラリー[芦屋]

 

ガラス工芸作家の扇田克也さんとオリジナルハンドニットのコラボ展を開催しました。

Madam Keiko ギャラリー・ショップOPEN

 
 

2011年9月3日

 

 

ミラノでの個展後、活躍してきた作品達が再びマイコレクションとして長持に納められている姿を眺めているうちに、いつも作品を見てもらう場所を作りたいと思い立ち、2011年9月3日、芦屋にギャラリーショップを開きました。

個展「ひもいろいろ」

 
 

2008年10月24日~28日

画廊23[大阪]

 

小さなお洒落な画廊で、小さな個展を開きます。
ひもが原型でいろいろ表情が変わっていく作品達をどうぞお楽しみください。

トークショウ・帝国ホテル

 
 

2008年2月

帝国ホテル「雅の間」

 

日本で最後のトークショウになりました。
20数年日本で発表してきましたが此処で幕引きをして先ずミラノでの個展となりました。

トークショウ・ポートピアホテル

 
 

2007年10月

ポートピアホテルの宴会場

 

十数年暮らした第二の故郷になる神戸で懐かしい方達の出会いもあり暖かな雰囲気の中で楽しい時間が過ぎていきました。

トークショウ・Hotel Royal Pines

 
 

2007年2月

「Hotel Royal Pines 」和歌山
 

写真集出版後、「トークショウ」を本拠地である和歌山で最初の一歩として開催しました。
地元ならでの暖かいサポートを各分野から頂き盛会の下終えました。
 

 

トークショウ・岐阜

 
 

2006年10月

 
Gallery Aria 

 
 写真集出版後、岐阜の友人を通じて企画展のお誘いがあり初めてトークショウとして作品を披露しました。
楽しいパフォーマンスもプログラムに取り入れ此の形式で展開していく切っ掛け作りになりました。
 

 

出版記念パーティ

 
 

Art Cort Gallery
2006年2月

 

淀川沿いにあるスペイン風の雰囲気のあるでギャラリーでオーナとのご縁でパーティを開けました。
出版に携わった写真家、ブックデザイナー、ONDORISHAの編集長との出版に至るまでの経緯をインタビュー方式でトークの時間を楽しみ其の後モデルショウで作品を見てもらいました。
 

 

MADAMKEIKOオリジナルハンドニットコレクション

 
 

写真集出版
2006年2月

 

住居を和歌山に構えてから6年間に亘り和歌山県探訪で12万キロを車で走り回りました。 いろいろと変化のある自然の美しさに魅せられこれらの場所に作品を置いた写真集を作りたいという気持ちが強くなっていきました。 周りにプロとして活躍している同期生がいることで待望の写真集が実現しました。 全国の書店でも置かれ購入してくれた知人、友人達の賞賛を沢山受けました。
 

 

オリジナルハンドニットコレクション

 
 

ファッションショウ・アイルモレ・コタ
2000年3月

 

私自身がディレクターとなりファッションショウの全般のプロジュースをしました。
モデルのオーディション、会場設定、バックミュージックの選択、プログラム制作、ショウの進行と他に必要な諸々が初めての挑戦でしたが協力者の力添えも加わり成功しました。
一日二部構成で午後と夕方の開催で用意した椅子が満杯になりバロックの生演奏も入りで楽しい時間を大勢の方達と共有できました。 良い体験をしました。
 

 

第5回・個展

 
 個展会場は自宅

 
1993年10月

 

我が家のリビングが会場に変貌、50体程のマネキンを借りて前、後ろの編み模様の変化が作品に触れずに見られるように配置しました。
ゆっくりお茶を楽しめるコーナーも作りアットホームな雰囲気で鑑賞してもらいました。
写真は玄関に飾られたポスターで黒のベルベット生地に薔薇を編み込んだミニドレスをアップリケしています。
 
 
 

 
作品の値段はすべて非表示にしております。値段・ニットパターン等、作品にご関心のある方はお問い合わせ下さい。